【姓名判断】赤ちゃんの名付けで気をつけたい2つのこと

赤ちゃんの名前。

それは両親から子供への贈りものの中で、一番大切で一番長く使われるものではないでしょうか。子供の名付けは楽しいですが、いろいろと悩むことも多いですよね。

つけたい漢字、音の響き、季節、両親の思いなど、名前に詰め込みたい要素はたくさん……。でも、姓名判断の画数も気になりませんか?せっかくなら、悪い画数にならないよう、運勢の良いとされている画数にしたいですよね。

「姓名判断の結果はたくさんあって、よくわからない」
「決めてる名前からあまり変えたくない」
そんな方でも大丈夫。姓名判断について、あまり難しく考えなくても大丈夫なように、たった2つだけ!名づけの時に気をつけたいことをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの名付けで気をつけたいこと

画数の組み合わせに気をつけよう

姓名それぞれの文字の画数が良い画数でも、姓名の配置バランスなどで凶数になってしまう場合があります。
ここではよくない画数の組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

天天地地
.jpg
姓の最初の文字と名の最後の文字が同じ画数。
精神的に不安定な状態になるとされています。

天地連鎖
.jpg
姓の最初の文字と名の最初の文字が同じ画数。
よくない出来事や問題に巻き込まれるとされています。

陰陽配合
.jpg
姓名のすべての漢字の画数が偶数のみまたは奇数のみ。
運勢が大凶となり、精神面にも影響が出るとされています。

結婚難
.jpg
女の子で総格が23、32画。結婚が困難になるとされています。

画数だけを気にしすぎない

名前を付ける際に、ここだけは気をつけたいポイントをあげてみました。とはいえ、実際に名前を考えてみると、なかなか漢字が合わなかったり、つじつまがあわなくなったりと難しいところもあるかもしれません。なので画数については、あくまで参考程度にするといいでしょう。

やはり、最終的には、名前を付けるご両親が、この名前を付けたい!と思った名前を付けることが大事だそうです。

大切なことですが、全てをカバーできる名前はありません。何よりも気持ちのこもった名前を贈ってあげたいですね。

▼姓名判断で名前の持つ運勢を占う▼
無料で占う


占い師プロフィール

岡井浄幸 言魂縁結い

岡井浄幸 言魂縁結い「いますぐ占う」